静岡の活動

2016 年6月1日
橋下徹講演会in静岡 開催
~政治無関心は納税者がこれだけ損 をする~


去る6月1日、静岡市民文化会館大ホールにて、橋下徹氏による講演会が開催されました。
平日のお忙しい中、多くの皆さまにご参加頂き誠にありがとうございました。
小さいお子様からご年配の皆様まで、幅広い方々にお会い出来たのが嬉しかったです。
これだけの大会場、果たして素人集団の自分達に手に負えるのか心配でした。
もちろん橋下さん人気もありますが、とにかくお声掛け頂いたり裏方で支えて頂いたりした皆さまがいなければこの日は迎えられませんでした。心から感謝申し上げます。
橋下さんからは「政治無関心は納税者がこれだけ損をする」というテーマのもと、現状の不公平な仕組みと選挙の大切さという、いつも私が訴えている内容を経験踏まえてお話頂けました。
以下は私からのごあいさつの一部です。
—-
この国は旧くて重たい機関車のよう
燃料をガンガン投入してようやく動き出すが、これまでは動き出すと車掌がすぐブレーキをかけてしまう
結果として、ほとんど前には進まず、燃料を使うだけ
乗客の皆さんは追加料金を請求される
一方で、運転席には高給取りの乗組員が一杯乗っていて、一等車にも優待客が一杯
ただちゃんとお金払っている乗客はクーラーも無い客車で、窓から黒い煙を吸い込んで 幼い子や身体の弱いお年寄り程 影響を受ける
これが今の日本
私たちはここから、まず乗組員と料金払わない優待客を減らし、旧くて燃費の悪い車体を軽く、また前輪だけでなくそれぞれの車輪が自分たちで回るようにしていきたい
この国はそうしなければ 前に進まない
—-
とにかく私たちは前に進むために力を尽くします。
 

 

2015 年11月7日
静岡の新しい未来はここから実行委員会
開催


11月7日、ご参加頂きました皆さまや手伝ってくれた方々のおかげで、「静岡の新しい未来はここから実行委員会」を無事開催することが出来ました。本当にありがとうございます。
CANTARO吹奏楽団の演奏も予想以上に本格的で非常に盛り上がりました。

パネルではご多忙の中駆けつけて頂いた川勝知事、江口参院議員と重鎮のお二人を擁しながら短い時間で申し訳ありませんでしたが、「中央集権体制の打破」という大義への道筋としての静岡型都構想の意義が伝わったかと思います。

昨年の衆議院解散からもうすぐ一年。急に押し寄せた冷たい波とその引き潮に翻弄された期間でしたが、先輩世代や同世代の皆さんのおかげで何とか溺れずに生き抜くことが出来ました。
個人の人生や家族を飲み込む政治と選挙の恐さを改めて知り、それでもそこにある使命と支えてくれる人たちの力を信じて、前へ進んでまいります。

■当日、アンケートを実施しました。その結果をお知らせします。サンプル数は、208です。